【結論】ガンランス「ドゥームズ=D」の百竜スキルはどれが良い?【モンハンライズ】

2021年6月27日

ドゥームズ=Dは水属性値46でしかも拡散Lv5と拡散型ガンランスでトップクラスの性能です。

ガンランスを使うならぜひ1本持っておきたいところですが、百竜スキルってどれを選べば良いか悩みますよね。

今回、ちょっと真剣に考えてみたのでその結果を紹介致します。

ガンランス「ドゥームズ=D」の百竜スキルは「属性強化【水】Ⅱ」がおすすめ

ドゥームズ=D 百竜スキル モンハンライズ

ドゥームズ=Dで選べる百竜スキルには以下のものがあります。

攻撃力強化Ⅲ 武器の攻撃力に+8する
属性強化【水】Ⅱ 水属性の武器の属性値に+6する
弱点特効【属性】 属性に弱い部位を弱点属性で攻撃すると属性ダメージが増加する

この3つの中でどれを選べば良いのか。

まず、攻撃力強化Ⅲは無視して良いと思います。

物理火力に期待するなら他のガンランスを選んでも良さそうだからです。

ということで、属性強化【水】Ⅱと弱点特効【属性】の2つに絞りますが、それぞれの特徴は以下のようになります。

  • 弱点特効【属性】 → 水肉質25以上の部位があるモンスターと戦う時
  • 属性強化【水】Ⅱ → 水属性が弱点のモンスターと戦う時。

いずれも水属性が弱点のモンスターで使うことが共通条件ですが、弱点特効【属性】に関しては水肉質が25以上でなければ効果がないことがわかっています。

一方、属性強化【水】Ⅱは少しでも水属性が通る部位であれば恩恵が得られます(水肉質5でもOK)

ただし、弱点特効【属性】は発動すれば強力で、属性強化【水】Ⅱも効果は小さいです。

 

筆者の独断と偏見でそれぞれのスキルが有効だと思うモンスターを以下にまとめます。

基準は、弱点特効【属性】は水肉質が25以上の部位があるモンスター、属性強化【水】Ⅱは水が通りそうなモンスター、としています。

モンスター 弱点特効【属性】 属性強化【水】Ⅱ
クルルヤック  
ラングロトラ
アケノシルム
トビカガチ
マガイマガド
アンジャナフ
ディアブロス  
テオ・テスカトル
バルファルク  

一応上記の通り考えましたが、そもそもクルルヤック、ラングロトラ、アケノシルムあたりは弱いので細かいことを気にしなくて良いですよね。

ディアブロスは水肉質25以上の部位があるから一応入れていますが、そもそも氷の方が通るので除外して良いと考えます。

またバルファルクは肉質が変わるのでこちらも無視してOKでしょう。

残ったトビカガチ、マガイマガド、アンジャナフ、テオ・テスカトルあたりがドゥームズ=Dで遊ぶのにちょうどよいモンスターかなと思います。

 

話を戻しますが、個人的には断然、属性強化【水】Ⅱの方が使い勝手が良いと思ってます。

弱点特効【属性】は弱点部位を狙えなければ恩恵がない(かなり難しい)し、水肉質が25以上でも斬肉質が硬い部位だったりするので用途がかなり限定されるスキルだと感じました。

水肉質が25以上で斬肉質が45以上のモンスターと部位はこちら

弱点特効【属性】の特徴を最大限に活かせるのは、一部のモンスターの特定の部位を攻撃する時のみなので、属性強化【水】Ⅱを選ぶのが無難という結論に至りました。

【結論】百竜スキルはどれが良いか

  • 属性強化【水】Ⅱを選ぶのが無難
  • TAをするなら弱点特効【属性】もアリ

説明

以下はその詳細説明になります。

興味のある方は読んでもらえると嬉しいです。

弱点特効【属性】は属性肉質25以上で有効

ガンランス「ドゥームズ=D」 百竜スキル別の修練場でのダメージ比較 モンハンライズ

※カエルの肉質はいろいろなサイトを参考にさせて頂きました。

※ガード突きによるダメージです。

上の表は各百竜スキルを付けた時のダメージ比較です(修練場調査)

百竜スキルを付けない場合、攻撃力強化Ⅲを付けた場合、属性強化【水】Ⅱを付けた場合、弱点特効【属性】を付けた場合、といった感じです。

まず「百竜なし」と「弱点特効【属性】」のダメージを見比べると、頭(属性肉質30)と首(属性肉質25)でダメージが上がっている、腹・脚・背中(属性肉質20以下)ではダメージに変化がないことがわかります。

つまり弱点特効【属性】は属性肉質が25以上の時に有効だとわかります

水肉質25以上の部位があるモンスターをまとめると以下のようになります。

ここで気になるのは属性肉質が高くても斬肉質が低ければ、その部位を狙わないですよねってこと。

ということで上の表の中で斬肉質が45以上(弱点特効の発動条件)のものを赤字にしてみました。

ラングロトラ、トビカガチ、アンジャナフ、ディアブロス、バルファルク

しかし・・・その部位をピンポイントで狙うのは至難の業です。並ハンではとてもじゃないけど無理です。

筆者は実際にアンジャナフの頭部を狙ってみましたが全然当たりませんでした・・・。

弱点部位に攻撃が当たればラッキー・・・という考えでプレイしているのであれば弱点特効【属性】がほぼ発動しないので不要と言えるでしょう。

ということで、弱点特効【属性】はプロハン向けの百竜スキルと言えると思います。

攻撃力強化Ⅲより属性強化【水】Ⅱを選ぶべき

以下の表は各百竜スキルを付けた時のダメージ差になります。

ガンランス「ドゥームズ=D」 百竜スキル別の修練場でのダメージ比較(差) モンハンライズ

残るは攻撃力強化Ⅲと属性強化【水】Ⅱですが、この両者の比較については上の表を見れば属性強化【水】Ⅱに軍配が上がるのが明らかだと思います。

つまりドゥームズ=Dに攻撃力強化Ⅲは要らないと言えるのではないでしょうか。

プロハンは弱点特効【属性】、並ハンは属性強化【水】Ⅱ

ここまでで弱点特効【属性】と属性強化【水】Ⅱの特徴、ドゥームズ=Dに攻撃力強化Ⅲは要らないということがわかりました。

残すは弱点特効【属性】と属性強化【水】Ⅱのどちらを選ぶべきかというところです。

改めて以下の表を載せておきます。

ガンランス「ドゥームズ=D」 百竜スキル別の修練場でのダメージ比較(差) モンハンライズ弱点特効【属性】は属性肉質25以上の部位への攻撃であれば強力です。

ただし特定の部位をピンポイントで狙うのはかなり難しいです。

一方、属性強化【水】Ⅱは属性肉質が5でもダメージアップになります。ダメージアップ量は低いですが部位を選ばないのが特徴です。

ということで、弱点特効【属性】と属性強化【水】Ⅱのどちらを選ぶかは特定の部位を狙えるかどうかで選ぶと良いと思います。

  • 特定の部位を狙える  → 弱点特効【属性】
  • 特定の部位を狙えない → 属性強化【水】Ⅱ

以上、参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

-MHRise
-