【コレクト型】ぶんどりオトモアイルーのおすすめサポート行動【モンハンライズ】

モンスターの素材集めをするならコレクト型のオトモアイルーを連れて行くと便利ですよね(オトモが素材をぶんどってくれる)

オトモアイルー ぶんどり モンハンライズ

モンスターのレアアイテムもぶんどってくれます。上の画像は迅竜の延髄ですが炎王龍の宝玉なんかもぶんどってくれました。

そんなことから筆者はすっかりぶんどりネコ(コレクト型オトモアイルー)にハマりまして、どんなオトモを雇えば良いのか考えてみましたので紹介してみます。

オトモアイルーのサポート行動は枠毎に決まっている

オトモアイルーのサポート行動は5枠あって、それぞれの枠に付く行動は決まっています。

ここでは上から順番に1枠目、2枠目・・・と呼ぶことにします(上の画像だと環境生物発射の技が1枠目、メガブーメランの技が2枠目)

1枠目

  • 環境生物発射の技

1枠目はサポートタイプ毎に決まっていて、コレクト型の場合は「環境生物発射の技」固定です。選択の余地はありません。

 

2枠目

  • メガブーメランの技
  • 竜巻旋風撃の技
  • 回復しゃぼんの技
  • バチバチ爆弾ゴマの技
  • 応援ダンスの技

2枠目は上記の通り。

筆者のおすすめはメガブーメラン。多段ヒットし結構良い火力を出してくれます。

とはいっても拘り過ぎる必要はないと思います。お好みでその他を選ぶのもアリかと。

 

3枠目

  • 隠密防御の技
  • ネコ式活力壺の技
  • 設置型爆弾の技
  • 環境生物呼び寄せの技
  • 強化太鼓の技

3枠目は上記の通りで、ここはぜひ拘りたい。

おすすめは「環境生物呼び寄せの技」or「強化太鼓の技」

「環境生物呼び寄せの技」は名前の通り環境生物を設置してくれる行動になりますが、個人的に一番うれしいのは翔蟲を設置してくれること。

最近筆者は素材集めの時はコレクト型のオトモを2匹連れていくのでガルクに乗って移動ができません。ガルクなしでやってみて意外と移動に時間はかからないとわかりましたが、翔蟲の3匹目がいるのといないのとでは快適さが全然違います。

あと筆者はガンランスをよく使うので3匹目の翔蟲がいてくれるとガードエッジが使いやすくなる安心感もあります。

とにかく翔蟲を設置してくれる「環境生物呼び寄せの技」は控えめに言ってもサイコーです。

「強化太鼓の技」はプレイヤーとオトモの攻撃力・防御力を上げてくれるサポート行動。

単純に強い

この枠は「環境生物呼び寄せの技」か「強化太鼓の技」の2択だと考えましたが、翔蟲を多用したい場合は「環境生物呼び寄せの技」、翔蟲が不要の場合は「強化太鼓の技」を選んでます。

具体例としては、基本は「環境生物呼び寄せの技」持ちのオトモで、最近だとバゼルギウスの高速周回やエリア移動がないナルハタタヒで「強化太鼓の技」持ちのオトモを使っています。

4枠目

  • 閃光爆弾の技
  • キンダンドングリの技
  • 変わり身の技
  • シビレ罠の技
  • 電転虫発射の技

4枠目は上記の通り。

おすすめは「閃光爆弾の技」or「シビレ罠の技」です。

どちらもモンスターの行動を抑制できるサポート行動なので単純に強い。筆者はあまり深く考えずどちらかが付いていればオッケーという感じで思ってます。

5枠目

  • ぶんどりの技

5枠目はサポートタイプ毎に決まっていて、コレクト型の場合は「ぶんどりの技」のみ。選択の余地はありません。

ぶんどりオトモアイルーのおすすめサポート行動

コレクト型オトモアイルーのおすすめサポート行動 モンハンライズ

以上のことから、今後はコレクト型のオトモアイルーの厳選はいきたいと思ってます。

1枠目 環境生物発射の技(固定)
2枠目 メガブーメラン
3枠目 環境生物呼び寄せの技
or
強化太鼓の技
4枠目 閃光爆弾の技
or
シビレ罠
5枠目 ぶんどりの技(固定)

今からコレクト型のオトモアイルーを集め始める場合は、上記の条件全てが揃っているオトモアイルーしか雇わない、という考えだとなかなか雇えないので、最初のうちは3枠目だけ拘って、2枠目と4枠目はゆっくりと厳選していけば良いのではないかと思います。

とにかく3枠目は絶対コレ!と言っても過言ではないくらいおすすめできると思います。

参考になれば幸いです!

オトモアイルーとガルクのおすすめ装備とおすすめスキル MHRise
参考オトモアイルーとガルクのおすすめ装備とおすすめスキル【モンハンライズ】

本記事ではモンハンライズのオトモアイルーとガルクの装備とスキルについて紹介致します。 オトモの装備やスキルは何を選んでも大きな影響が出るものではないというのが筆者の考えですが、それならばもうこれでいい ...

続きを見る

関連コンテンツ

-MHRise